目の下のたるみの影はコンシーラで隠せる!魔法のレタッチテク大公開

コンシーラーは失敗すると悪目立ちする!?

目の下の逆三角ゾーンとほうれい線から続く口角周り、そして、まぶたのくぼみ。

 

この3箇所が顔の中でも最も濃い影を作るところなので、そこにハイライターを加えて一気に光で影を飛ばしていきます。

 

コンシーラーは凸凹のトラブル対策には向かず、かえって目立たせてしまうことも。影はフタをして埋めるのではなく、光で飛ばすことが最も自然なカバー方法です。

 

そして最後に、艶のあるパウダーを薄くかけます。下に仕込んだ光や質感を台無しにしないように、あくまでふわっと軽くがポイントです。

 

たるみの影をなくすハイライターレタッチ法

たるみの影隠しコンシーラーテクニック

 

たるみの影隠しコンシーラーテクニック

1、目の下の逆三角ゾーンは、鼻に近いほうから順に平行につけていく。


 

たるみの影隠しコンシーラーテクニック

2、ほうれい線から口角周りは「くの字」につけ、指先でタッピングしてなじませる。


 

たるみの影隠しコンシーラーテクニック

3、窪んで影ができたまぶたにもひとはけ。ここも飛んで優しく叩いてフィックスさせる。


 

たるみの影隠しコンシーラーテクニック

4、フェイスパウダーはブラシでふわっと。ついてるかな~と思うくらいの薄さで充分。


 

 

目元に使うコンシーラーは選び方にも一工夫

目元周りは、皮膚が薄い・よく動くため、メイク崩れも起きやすくヨレやすい部分です。一般的には、目元に使うコンシーラーは筆やチップに液体がつくリキッドタイプが良いでしょう。

 

ただ、使ってみた方はわかると思いますが、リキッドタイプは、使いこなす難易度が高いコンシーラーです。
手を汚さずに済みますが、カバー力があまりなく、明るい色を選んでしまいがちです。

 

その結果、多くつけすぎて目の周りだけ白く浮いてしまうような失敗をします。
とはいっても、目元は顔の中でもクマやシミなどカバーしたい部分No.1なので、失敗しないコンシーラーの色選びをおこないましょう。